話題の車のリサイクル料の感想、所感

自家用車を売り払うさいの仕方といえば下取り、そして買い取りの2つが有ります。下取のケースというのは次の自家用車を手に入れる際一緒にこれまでの車を買い受けして頂くというものです。大抵はディーラーが引き取りをおこなうので価格はやや低価格に見られることが多いです。

一方、買取りのケースは中古車買取専業店がおこなっており、中古車という名目で店頭に陳列することを予定して買取りプライスを決定するため、どちらかというと高額な引き取りが期待できます。どちらにしても愛車を売却することであり、売却する前に引受プライスを決めるための査定がされることとなります。

査定をお願いする際に気に掛かるのがリサイクル料です。自動車査定で出される価格としてはその自分の車のそのものの値段、ユースドカーに附随する自賠責保険やリサイクル料等含んだ価格の二種類が存在します。リサイクル料についてはマイカーを買った時、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった時には車検を受けた際に支払いになりますので、将来、自分の車のを廃車として処分するケースで必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルするときのコストということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分する時にJARSから支払われるということとなります。

代金はだいたい、軽なら8千円位、国産車であれば10000円位、外国の車等だと15000円くらい、それとは別に2万円ぐらいをいれる必要性があったりします。たいがいのユースドカー買取だと、そうしたリサイクル料を自動車の引き受け価格とは別として引き取りされるというようなことになる訳ですが、リサイクル代金を含めて審査の値段となっている場合もあり、引取りを頼むケースであらかじめチェックしておくのが大事です。