日本自動車査定協会の取組だそうな

車の買い取り・下取時には、間違いなく査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、お客様から買い取りや下取りの際にきっちりした見立てをするための手続きであり、それをするためには多くの人から納得され、その上了解された手続きでなければいけません。なのですが、お客様側から見るのであれば、鑑定がどうやってされているのか完全には把握していなかったり、正当なやり方で実施されているのかは案外知ることが出来ないケースがほとんどです。ではありますが査定というのはユースドカーの値打ちを決めてしまう大変大事なプロセスですので、考えや方法に様々なものがあると社会の混乱の要因ともなるわけです。

そうした騒ぎを生じさせないためにも日本自動車査定協会という呼称の機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」は、適切な審査が拡大するように取り組んでいる機関のことで、ユーザーが安堵して鑑定に出すことができ、しかも喜べるようなシステムを構築する取り組みをしています。

具体的な活動内容としては、例を出すとしっかりした査定士を輩出する為の検定を行っており、査定協会が実行している学科と技法の研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を保有する査定士としての資格が与えられます。更に査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした知識や責務をもってユーザーのくるまの鑑定をするのです。要するにきちんとした査定を出すための資格を保有する方が鑑定をおこないますので、我々も悩まずに買取とか下取に愛車を提出することが可能となるわけです。