例の中古自動車査定制度のことを考えてみた

クルマの下取・買取時は、必ず査定をしてもらうかと思います。査定とは、消費者から買い取り・下取時にちゃんとした評定を下すための手続きであり、そのためにはさまざまな人たちから了承され、かつ了解された仕方でないと良くないのです。なのですが、客側からしたら、鑑定がどんな具合にやられているのかはっきりとは存じてなかったり、正当なやり方で作業されているのかはどうにも把握することが困難なものです。とはいえ、審査というものは中古車の価値を決定する大変重要なプロセスですので、考えややり方にさまざまなものがあると社会が混乱する要因ともなってしまうわけです。

そんなパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会という機関は、厳正な査定が行われるように活動している団体であって、消費者が安心して値踏みに提出でき、そのうえで納得のいく結果となるシステムを構築する行いをしています。

具体的な中身としては、例を出すと健全な査定士を増やす為のテストを行っており、査定協会が実施する学科さらには実技の研修を受け、その後「査定士技能検定試験」に合格することである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。そして査定士として勤務するためには協会への登録が必要になり、健全な心得や規律をもってユーザーの車の評定をしていきます。要は適正な査定を出すための資格を持つ方が値踏みをおこないますので、消費者も安心して買い取りや下取りに愛車を提出することが可能となるわけです。