使用した車を売りわたす時の進め方に関わることを、当ページでじっくりと確認しておきましょう

使用していた自動車を処分する際の手段といえば下取りと買取りの両方が有ります。下取りの場合はおニューの自分のくるまのを手に入れる際、これまで乗っていたおクルマを買い取って頂くというものです。主として新車ディーラーが買い取りを行ないますので売却額のほうはどっちかといえば低価格になることが多いです。

一方、買取りの方は不要車買取専門ショップがおこなっており、ユーズドカーとして店頭に並べることを前提として買い上げ価格を決定するので、割りに高値の買取が期待できます。何れにしてもユーズドカーを引き受けてもらうことであり、引き取ってもらう前に引き上げ金額を決めるための格づけが行われます。

見立てを依頼する場合に気になるのがリサイクル料となります。使用ずみの自動車の格づけで提示される額としてはクルマそのもののプライス、所有車に附随するリサイクル料や自賠責保険などなど含んだ価格の2種類がありますあります。リサイクル料についてはそのu-carを購入したさい、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を受けた時支払いになりますので、後に中古の車を廃車として解体する場合必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為のコストという名目で使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、処分する際にJARSから支払されるということになります。

その場合の代金は、軽だと8千円程、普通車の場合10000円程、輸入車等で1.5万円位、その他で2万円ぐらいを入金する必要があります。大抵のクルマ引き上げですと、そうしたリサイクル料を使っていた車の引き取り価格とは他として買取られる事になるんですが、リサイクル代金を入れて買取価格としてる場合も有り、買い取りを依頼するケースでまずはチェックしておくのが大切です。