使用した自動車を売りはらうときの進め方の事を、この辺で可能な限り見ておきましょう

不要車を売り渡す場合の手続きには買い取りと下取りの2つが御座います。下取のケースというのはおニューの車を入手する時、今迄乗っていた古い車を買い上げて貰うというものです。殆ど新車の販売店が引受をするため売却額の方はどっちかというと低くなりやすいです。

一方で買取りの方はお車買い取り専業店がおこなっていて、ユーズドカーとして店頭に出すことを予定に買取額を決めるので、割りに高めの買受けが望めるでしょう。何れにしても使用した自動車を引き上げてもらうことであり、売却をする前に買い上げ価格を決定するための見積りが行われます。

見積りをおこなうとして気になるのはリサイクル料です。中古自動車の評定で示される価格としては自分のクルマの本体のプライス、所有車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料というものを入れたお値段の二つの種類が存在します。リサイクル料については使用していた車を買ったさい、または「リサイクル料」が未払いの時には車検を受けた場合に支払われるもので、今後中古の車を廃車として壊してしまう際に必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等リサイクルするためのコストとして使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体処分する時にJARSから支払われることになります。

その際の料金は、軽だと8千円ほど、国産車であれば10000円程、輸入車等で1.5万円くらい、それとは別に2万円程度を納める必要があったりもします。たいていの使った自動車買上では、これらのリサイクルの代金を使用ずみの自動車の引き受け額とは別個で引受される事となるワケですが、リサイクルの代金を含んで引き取りプライスとしているケースも有り、買取を頼む際にあらかじめチェックしておくことが要されます。