ほら、車売却と必要書類

自分のクルマを売りたい時における方法は買取りや下取りなどの手順が在ります。下取は新しい愛車を入手した時には、今までのマイカーを引き受けていただくものです。その時点でドライブが差し障りない車であるなら値段が望めますが、中古な場合には逆に処分費用を下さいと言われることさえあり得ます。

下取してもらう場合は専門店が行うわけじゃないので、望むような値段での引受けは難しいと思いますが、新しいお車と交換のような形で乗り換えを可能という良い面があります。他方買取はというと、専業のユーズドカー買取専業店に頼んで買取して頂くといったものです。その手続きが分かりづらいといったデメリットがあるのですが、引受けされた車はユースドカーとなって流通されるのがもとから前提ですから、割かし希望するような値段での引取りが望めます。

下取、買取どちらであっても売却の際には必要な書類を準備する必要があります。どういうものかというと、自動車検査証とくるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。さらに実印や印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

引受けのときは譲渡証明書や委任状等も必要となりますが、それらに関しては買い取りの専業店で準備してくれるはずです。買い取りを頼みたい方としては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印更に印鑑証明書を用意しておきましょう。査定の際もそれらがチェックされるので、紛失しているケースだと再発行してもらう事となります。

万が一なくしたケースでも見積もりそのものだけをしていただくことはできるのですが、その場ですぐの買取はできないので査定価格に悪い影響が出ます。