ほら、中古車売買の感想、所感

クルマの買い受けの際は最初にその車の査定をすることになります。その型式や何年式かによって基準となる標準状態の値段の全容を把握します。これよりその上を行くほど実態が悪いのであれば、金額を少なくするといった順番でやられていくわけです。

一定レベルでのプライスについては買い取る側で基礎的なデータを持っています。こちらはお店同士のみで回されているもので、そのプライスはその車と何年式かによって記載されているものです。しかしながら、あくまでもこの数字は標準的なものであり、それ以上でも以下でも無いといえます。

プラスして、その値段よりもより高く買取をされたりそれとも安値で買い受けされたりする可能性も間違いなくあり得る話です。買取業者からすれば限界まで安く買い取りたいので、買取店にもよりますが基準となる買い取りの値段を提示したうえで、更に低価格な方に話を持っていこうとします。

こちら側の考えでは少しでも高値で手放したいので、この場合は一気に話を振るのがイイですよ。はたまた、買い取りについての査定額が解決できなかったのであれば一旦見送りとし、話を棚上げ状態としておきます。そのあと違うお店と調整を行うわけです。

ここで仮に値段がもっと高くなって納得がいけば、最初の買取店との駆け引きは決裂でも気にせずOKです。結局のところ、売り手が好きなように話し合いを進めていけば良いという訳なのです。最も回避したい状況は、あわただしくプライスを決断してしまって、あとから悔やむことです。プライスはあくまで強気に話をした方が後悔しないはずです。