なんと!車査定と修復歴について思うこと

古くなったクルマ譲渡を依頼したさいには、一番初めに値踏みを受ける事となります。その際の査定に関しては買取専業店の人がすることとなり、ユーズドカーマーケットの金額などから算出されることになります。

普通は古い車ということで売られている価格の20~30%位が売却額となっていますが、人気の車であったり、珍しい車だったりするケースでは高い見積額が出るケースもあるでしょう。他にも、年式が新しい方が高値が付きます。他方、そのような買取額は車がパーフェクトな状態のときであって、完全じゃないときはマイナスに査定されます。特に修理歴等は見積に相当関係します。

事故歴とは言っても定義は曖昧ですが、基本的に自動車の骨組みであるフレームにまで駄目になっているようなアクシデントを起こしてしまったくるまは事故車という事になります。そうした修復歴のある車はいつかなにか悪影響が現れる危険性が有りますので、プライスに於いては悪材料となってしまいます。とはいえ、フレームの方にまで影響が及ばず、ボディを直したぐらいならならないですが、それでも修理歴が付いてしまいます。

モチロン修理歴としてはついてしまいますのでマイナスの影響があるのですが、事故車より見積もりが低くなることはございません。それと、エンジンや変速機などにトラブルが起きている際もマイナスに鑑定されますし、通常の整備の状態が見積に関係してきます。

このへんは傍目には分からない部分ですが、値踏みをする業者ではキッチリとその辺りもチェックの対象としてきます。

どっちにしても修理歴は存在しないことが古いクルマの査定額が上げることができるかどうかの条件となってきます。