どういうこと?中古車を売る時の残債だそうな

くるま買取ショップに審査をして頂いたのはいいけど、割賦払いを完済できていないケースもあり得ます。そんな場合は、売ろうとしているマイカーの所有権が自分自身なのか誰か別な方なのかどうかについてとにもかくにも確認することが必要です。

本当のところ、所有権はどこを確認したら良いのかというと、自動車検査証に記載のある氏名がクルマの所有者という訳です。

クルマを購入したタイミングで銀行系のローン支払いを組んだ場合だと、こちらの「車検証」に記載されているお名前が自分の名前になっているのですが、割賦払いを組まれたのが信販系の会社だった場合だと氏名がそちらの名前となっている訳です。信販系で分割払いを組む場合どうしてこのように信販系の会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その答えとしては返済が滞った時に、ただちに車を担保という形で確保することを考えている為です。

このような訳で持ち主名義がローン会社となっているケースではそちらの自動車を自分の都合で売ることはできないのです。それであっても手放したいならまずは残債を全て完済するかローンの設定し直しをすることで所有権をご自分に変えた後で売る必要があります。そうとはいえ現実問題このようなことが可能なのが今現在手持ちの現金が沢山あるケースに限られます。それじゃあお金があまりない方はどのようにするのがいいのでしょうか。

そんな場合は、評定を行ってくれたクルマ買い取りのお店にご相談頂けますと、愛車の買い取りの値段から残債の支払いの分を返済し、所有者のところをご本人の名前に直して貰うことが出来ます。手続きについてもすべて買取ショップにオマカセ可能なので心配ないです。