ついでにクルマ買取業者と「オークション」の感想、所感

車を売り渡す経路は、ちょっと前までは自動車販売会社主体の下取か、中古車取扱店への譲渡がポピュラーでした。付き合いの長い新車販売店に下取を依頼し、欲しい車を購入するという人がちょっと前までは多くいらっしゃいましたが、今はそのやり方をするユーザーは少数派です。下取だと、最も高くなりにくいことが広く知られてしまったことと、オークションへ行かれるという新しい方式が浸透し始めたからです。

中古車メインの「オークション」があり、中古車販売店や他のディーラー等もそういった場所で売り買いをします。通常は入ることができませんが、代行の業者を使うことで、一般の人がお持ちの車を「Auction」で売る手続きが出来るようになりました。なお、もう1つのやり方である中古車専門のお店に対する引き渡しでは、まずは車を査定して頂き、納得のいく売値を示してもらえたなら契約成立というわけです。

中古車の専門ショップは、買取した古い車をメンテしてお店で商品にしたり、競りに出してみたりします。どのような手段を選ぶかは自由ですが、何を目的にするかによって、最適な方法は変わります。もう兎に角ちょっとでも高額で買い取って欲しい、だというのであるのなら、オークションの代行業者に頼むのが最も高く売却できる可能性があります。とはいえ安心して引き渡したい、信用に足る買取店に買い取って貰って、大事に使ってくれる人に売却してほしいということであれば、下取に出すか中古車販売店のほうが適しているといえます。

代行専門業者にお願いした場合、売却するまで保守料金を支払わなくてはいけませんので、販売に時間がかかるとそれだけ高くなる可能性があります。古い車販売店なら買いたい方が見つからなくても現金を受け取ることができるメリットがございます。