これは・・・車のリサイクル料のことを考えてみた

クルマを処分する際の手続きというと買い取りと下取りの2つが有ります。下取りの場合は新しい自分の車のを購入する際、前のユースドカーを買い取りして頂くというものです。大概は新車取扱店が引き受けを行うので売値の方は割と低価格に見られることが多いです。

もう一方の買い取りのほうはクルマ買取専業店がするもので、中古の車として販売することを前提に買い取りの値段を決定するので、やや高値での引き取りが望めます。何れにしても所有車を売却する事であり、売る前に引き受け額を決定するための鑑定が行われます。

値踏みをして頂くケースで気になるのがリサイクル料です。自動車値踏みで示される金額というのはユーズドカーそのものの金額、ユースドカーについてくる自賠責保険やリサイクル料等々いれた値段の二種類がございます。リサイクル料については愛車をゲットした時、またはリサイクル料が払われてなかった場合には車検を受けた場合支払われるもので、のちにクルマを廃車にして解体処分する際に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルする為の費用となって使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体する場合JARSから払われることとなります。

料金はだいたい、軽だと8000円位、国産車であれば1万円程、外車とかで1.5万円程、そのほかで20000円ほどを入れる必要性があったりもします。多くのユーズドカー引受けですと、そうしたリサイクル料を自分のクルマのの引受け金額とは別として引き取りされるということになりますが、リサイクル代金をいれて評価の額であるというケースもあり、引受けを望んでいる場合は先にチェックしておくことが大事なこととなります。