これが日本自動車査定協会の役割の感想、所感

古い車の下取・買取時は、必ず査定をやります。査定イコール、ユーザーから買い取りや下取りの際に正当な評定を下すための作業であり、それにはいろんな方たちから容認され、かつ了解された進め方でないとまずいのです。とはいえ、お客様側からしますと、値踏みがどうやって行われているのか具体的に存じてなかったり、適正な進め方で調査されているのかはなかなか分かっておくことが難しいものです。とはいえ、見積の方はその車の価格を決定する大変重大な過程なので、考え方やその方法に種々のものがあれば社会が混乱する要因ともなってしまいます。

そういったパニックを発生させない為にも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、しっかりとした審査が浸透するように活動している協会であり、ユーザーが安堵して査定に出すことができ、しかも満足できる結果になるようなシステム作りの取り組みをしています。

実際の活動の内容は、例を出すとちゃんとした査定士を育てるために資格試験を行っており、査定協会が実行している学科及び技法の研修を受けて頂き、それから「査定士技能検定試験」に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。その上で査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、しっかりとした心得や規律をもって我々の所有車の評価を行います。言い換えると適正な査定を出すための資格を保有する人が評定を実施しますので、ユーザーも安堵して買い取りまたは下取に愛車を提出することが出来るというわけです。