これがローンが残っている車の売却のいろいろ

お車買取り業者に審査を依頼したはいいけど、分割金を払いきっていないという事もあるかもしれません。そんなケースでは、売却予定のくるまの所有者がご自身であるのか、誰か別な方であるのかを最初にチェックする必要があります。

実際、持ち主についてはどれを確認するといいのかと言えば、「自動車検査証」に記載されている氏名が愛車の所有者となるのです。

マイカーを買うタイミングで銀行が提供している割賦払いを組まれた際は、こちらの車検証に記載されている氏名が自分自身のお名前となっているのですが、ローン支払いを設定されたのがクレジット系の会社だったケースでは名前がその会社の記載となっているのです。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこのように信販系の会社を所有者として登録してるのかと言えば、その答えは返済が滞った時に、スグにマイカーを担保という形で確保することを考えているからです。

こんな事情から所有権がローン会社にある時にはその愛車を自分勝手に売ってしまう事はできないのです。どうあれ手放したいならまずは返済を残らず返済するかローンの設定し直しをすることで所有権をあなたの名前に変えた後で売ることが求められます。そうとはいえ現実問題こうした手続きが可能なのは今手持ちの資産がとても多い場合に限られます。だったら資金が無いのであればどういった方法を取るのが良いのでしょうか。

こんな時には値踏みをやっていただいたマイカー買取専業店にご相談いただけると、車の買い取りの値段から残った支払い分を支払し、所有者のところをあなたの姓名に変更してもらうことが出来るという訳です。手続きに関しても全部買取店にオマカセできますから問題ないです。