きましたね「中古車査定と事故歴」とのことだけどどうなんでしょう

古いくるま引取りを依頼した時には、まずは査定を受ける事になります。その際の値踏みに関しては買い取りの専業店の人がすることになり、オークション市場の価格などから値段が出されることになります。

大体、ユーズドカーとして売りに出されている価格の20~30%ほどが買取の値段と言われていますが、定評のあるクルマだったり、珍しいクルマ等の場合には高プライスが付く時もあるようです。それと、年式は新しいほど高額となります。一方でこれらの買取金額は愛車が完全な状態であり、完全ではないケースだと低く査定されます。その中でも修復歴等は査定額にかなり影響します。

修復歴といっても定義があいまいですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの部分にまで及ぶような事故を起こしてしまったお車は事故車扱いになります。この事故歴のあるクルマはそのうち何か悪い影響が出てくるかもしれないというリスクがありますので、見積金額に於いてはマイナスとなってしまいます。一方、フレームの方には影響が及ばず、外装を手直ししたくらいならならないのですが、ですが修理歴としてはついてしまいます。

モチロン修復歴が付く訳ですからデメリットの影響は有るのですが、事故車に比べて低い見積となることはありません。ほかにも、エンジンなどにトラブルが起こっている時にもマイナスという事で審査されますし、常日頃からの維持管理の状況が見積金額に関わってきます。

そのへんは私達には気づかない所ですが、鑑定をしている買取ショップはちゃんとそのあたりも見てきます。

どちらのケースでも修復歴としては無いことがクルマ買取金額が上昇できるかどうかのポイントとなってきます。