お待ちかね、車を売る時の「ローンの残り」について思うこと

クルマ買取ショップに鑑定をお願いしたものの、ローンを完済できていない事もあり得ますよね。そういった時には、売却しようとする車の持ち主があなた自身なのか他の人であるのかを最初に確認する必要性があるのです。

本当のところ、所有権はどれを確認したらわかるのかといいますと、「自動車検査証」に載っているお名前の方が自動車の所有権者という事であります。

お車を買う際に銀行などの割賦払いを設定された際は、この「自動車検査証」に記載されているお名前が自分自身のお名前となってるはずですが、ローンを設定したのがクレジット系の会社だった場合は氏名がそちらの名前になっております。クレジット会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな風に信販系の会社を所有者として記載しているかと言えば、それは支払いが滞った時に、直ちにくるまを差し押さえて確保することを考えているからです。

こういった事情から所有権がクレジット会社となっているケースではそのお車を勝手に売る事は出来ないのです。どうしても売却したいならまずはローンを完全に支払するか支払いローンの組み替えをすることで所有権者をあなたの名前に変更してから売り払うことが必要です。さりとて現実問題そうしたことができるのは現在手持ちの資金が豊富にある時という事になってしまいます。それじゃあお金が無い人はどうすることがよろしいのでしょうか。

こんな時には鑑定をしてもらった自動車買取店に話してもらえると、クルマの売却の金額から残りの返済分を返済し、オーナーをご自身の名前に変えていただくことができるというワケです。手続きの方も全てにおいて買取店に任せられるので心配いりません。