あの車買取、そしてリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

中古車を売却するときの段取りとしては下取、そして買取の両方が御座います。下取りのケースは次の自分の車のを買う時に今迄の愛車を買い取りして貰うというものです。主に新車ディーラーが買い取りを行うので売値としてはどっちかというと低価格に見られるケースが多いです。

一方、買い取りの方はマイカー買い取り専門ショップがやっており、中古の車として販売することを前提に引き取り額を決めるので、どっちかというと高プライスでの引受けが望めるでしょう。何れにしろ自動車を売却する事であり、売る前に引き受けプライスを決定するための鑑定がおこなわれます。

鑑定をしていただく時気になるのがリサイクル料です。自分の車の査定で出してもらう金額としては愛車本体の価格、ユースドカーに附随するリサイクル料とか自賠責保険等含めた値段の2種類があります有ります。「リサイクル料」はお車を入手した場合、若しくはリサイクル料が未払いのときには車検を通した時に支払いになりますので、後に自動車を廃車にして壊してしまう際に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする際の料金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払されることとなります。

料金は大体、軽であれば8千円程、国産車の場合で1万円くらい、外国の車などで1万5千円程、それ以外で20000円ほどを入金する必要性が有ります。たいていのユースドカー引受けでは、こうした「リサイクル料」をユーズドカーの買取値段とは別ということで引受されるということとなるワケですが、リサイクル料を含んで引き取りプライスとしてる場合もあり、引き取りを希望する場合事前にチェックしておくということが大事です。