あの車査定「事故歴など」の感想、所感

古くなった自分のくるまの売却を頼んだケースでは、まず査定を受けることになります。その際の鑑定の方は買い取りの専業店の担当者がおこなうわけですが、中古車市場の金額等から算出されることとなります。

普通は中古のくるまとして売られている額の20~30%程度が買取額とされていますが、人気のあるくるまであったり、希少価値のある車である場合には高い値段が付くといった時もあるようです。それと、製造年は新しければ新しいほど高値が付きます。ただし、そうした見積価格はそのクルマがパーフェクトな状態の時であって、完全ではないときだと査定は厳しくなります。中でも特に事故の跡等は買取額に結構影響します。

事故車というのも定義は微妙なところですが、基本的には自動車の本体であるフレームの部分にまで跡を残すような事故をしてしまった車は事故車となってしまいます。そうした事故歴のある車はその後何かしらの悪い影響が出るという危険があるので、買取の値段については悪材料とされてしまいます。とはいえ、フレームの方にまで影響が及ばず、外装を手直ししたぐらいであれば問題ないのですが、しかし事故歴としては付きます。

モチロン修復歴が付くわけですからマイナスの被害はあるものですが、事故車よりも低い鑑定額となることはありません。そのほか、エンジンや変速機などにアクシデントが起こっている場合もマイナスとして見積もりされますし、普段の点検整備の状況が査定に関係してきます。

このあたりはトーシロにはわからないところですが、見積もりをおこなう買い取り専門店はきちんとその辺りもチェックしてきます。

いずれにしても修理歴が無いという事が古くなったくるまの査定額を上げることができるかどうかのポイントになります。